So-net無料ブログ作成

女装男子「男の娘」が今脚光を浴びている!! [ファッション]

今、巷では「男の娘(オトコノコ)」が人気。女装をする男性が脚光を浴びているらしい。時代は男の子よりも
男の娘を求めている?女装イベントが盛り上がり、学園祭などでも「可愛すぎる男子」が話題になり、ネット上でもそんな男の娘を見る機会が増え、若年層を中心にカジュアルな女装をする男性が増えているとか。

確かに声を発さなければ(下手すれば発しても)わからないですね(^ω^)
image.jpgyjimage.jpg
http://ameblo.jp/yahiro723/entry-10478999984.htmlより引用
http://zekusudayo.blog101.fc2.com/より引用

先月8月末の深夜、東京・新宿で開催された女装イベント「プロバガンダ」では、
「男の娘アイドル」志望の若者たちがスカートをひらめかせて踊る姿に、歓声があがった。
OL風、ギャル系、ゴスロリ系、ロリータ系等々…。
来場者約400人の内7割程が女装者(男の娘)とみられるが、
本物の女性と区別がつかない程の人も多いとか。女装の動機は様々で、
幼い頃から自分の性別に違和感を抱いていたと言う人もいれば、
普通に趣味的なコスプレ感覚の人もいるのだとか。

中には、普段は普通に仕事をし、月に1度だけ女装を楽しむ
普段と違う自分に変身することで、男社会や会社のストレスから解放される。
しかし普段の生活もあるから、月1ぐらいがちょうどいいなんて人もいる。

女装イベント「プロバガンダ」は、2007年から毎月最終土曜日に開催され、
当初は参加者も50人程だったが回を重ねるごとに参加者の人数は膨らみ、
国内最大規模の祭典へと成長。2代目主催者のさつきさんは昨年、性別適合手術を受け、
ニューハーフの世界大会で4位入賞。「コンセプトは『解放』、様々な立場の人たちが、
好きな服、好きなメークで交流出来る社交場を提供したい」とのこと。

「男の娘」という呼称が広まったのは00年代とされ、成人向けマンガやゲームで女装した男性が
描かれることが多くなり、コスプレやメイドカフェなどの「3次元世界」などにもブームが波及した。

『「男の娘」たち』(近刊予定)の著者、川本直さん(34)は「かつては女装の場が限られ、
愛好家も日陰者扱いされてきたが、最近はツイッターや動画サイトなどネット上で女装を見る
/見せる機会が増え、すそ野が広がった。
よりポップで、クオリティーも高いのが特徴だ」と分析している。

確かに最近の男の子は、あんまり男臭い感じの子っていない気がしますね。
そう言えば、漫画家のいがらしゆみこさんの息子さんも「男の娘」ですよね。
可愛らしいメイド服を着た写真を見たことがありますよ。

yjimage.jpg
http://blog.livedoor.jp/erikomati/archives/2012-06...より引用

私自身も、友達と出かけた時に目の前を歩く真っ黄色のワンピースを着た男の娘
(どちらかと言えばおじさん?)やチャイニーズドレスを着たお兄さん(この方は綺麗でした)など、
何度か見かけたことがあります。

まぁ、人に迷惑をかけるわけではないし、それでストレスが発散され日々健やかに過ごせるのであれば
健康的でいいんじゃないですかねヽ(´▽`)/



スポンサーリンク



タグ:男の娘
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ファッション

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。